誓和保育園
保育理念Hoiku Rinen

誓和保育園の保育は、仏さまのこころをもって、子どもたちの心と体の中で正しくしっかりと生きていくための、いわば「人間力」とでも言うべき基礎的な力を、人間としての根っこの部分で、大切に伸ばし育てようとする仏教情操保育です。

考える力、思いやる心、「おはよう」の挨拶、「ありがとう」の感謝の気持ち、集中してものごとに取り組む姿勢など、人間として、社会の一員としてあるべき姿を、毎日の保育の積み重ねの中でひとつひとつ身につけていきます。

御仏様の温かな慈愛の中で、生あるものの命の尊さを知り、生きているよろこび生かされていることへの感謝、自らに与えられた可能性にひたむきに立ち向かう姿勢を大切にし、また、身につけることを保育の重点としています。


保育目標Hoiku Mokuhyou

家庭的な雰囲気の中で明るく正しく仲よくの仏教精神をもとにした保育を行います。

太陽の光あふれる園庭と、広く自然豊かな誓願寺の境内で伸び伸びと保育を行います。

健康な身体と心そして智恵のバランスがとれているこどもの育成につとめます。

「おかげさまのこころを」大切に、知恩・報恩の気持ちを行動にあらわせる意欲的なこどもの育成を目指します。


保育方針Hoiku Houshin

【1・2歳児】

安心できる環境の中で身の回りの様々なものに興味や関心を持ち、五感を使って遊びを楽しむ。

保育士と一緒に体を動かしたり言葉を使ったりすることを楽しむ。

絵本の読み聞かせを楽しむと共に、絵本に親しみを持つようにする。

歌うことやリズムに合わせて体を動かすことを楽しむ。

日常の基本的生活習慣が身につき、簡単な集団のきまりがわかる。

いろいろな遊びを経験し、遊びの楽しさを知る。

【3歳児】

保育園生活に慣れ、友だちと一緒にいる楽しさがわかる。

日常の基本的生活習慣が身につき、簡単な集団のきまりがわかる。

いろいろな遊びを経験し、遊びの楽しさを知る。

【4歳児】

自分の好きな遊びをみつけ、熱中して遊ぶ。

望ましい生活習慣が身につき、集団のきまりを守りながら友だちと遊ぶ。

身近な環境に興味・関心を持ち、遊びに取り入れようとする。

自分の思いを自由にのびのびと表現する。

お釈迦さまのお話を聞いたり、行事を通して宗教的な雰囲気を味わう。

【5歳児】

自分なりの目標を持ち、遊びに取り組む。

望ましい生活習慣が身につき、けじめのある生活をする。

身近な自然や社会の事象に興味・関心を持ち、生活に取り入れ、遊びを発展させる。

友だちと協力して遊ぶ楽しさを知る。

法然上人やお釈迦さまの生涯やその教えを知る。


誓和保育園の歴史Enno Rekishi
昭和27年 宗教法人 誓願寺により設立
昭和58年 社会福祉法人 明照福祉会 設立認可
昭和60年 園舎改築
平成10年 小林 照俊 園長就任
平成24年 創立60周年を迎える
平成31年 ICTシステムの導入